読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外にも自営業開業1年でクレジットカードの発行ができて少し嬉しい

私は個人事業主である。

開業1年ちょっとである。

 

最近MacbookProを買ったときは、12ヶ月無料の割賦払いは断られた私だが(わかってはいたが少し落ち込んだ)、意外にもクレジットカードの新たな発行ができた。

 

簡潔に述べるとこうだ。

 

私はもともと銀行発行のクレジットカードを使用してきた。たまたま新たに発行しようとしたカードが同じ銀行の管轄(?)であったために、きっと私の情報を持っていて、それを参照してGOサインが出たに違いない。

 

今回クレジットカードが必要になったのは単純に、交通系ICカードオートチャージがしたかっただけである。

 

なにせ現金で切符を買って領収書を発行するのは面倒である。

交通系ICカードの一部は履歴を発行することができるし、オートチャージにしておけば、これは画期的な楽チンさを手に入れられると踏んだのである。

 

他に、単純な方法としてはmobile SuicaApple Payという手段があるが、残念ながら私が使っているiPhone5sは現役バリバリで快適そのもの、見た目は汚らしいがなんら問題はなく、そしてApplePayに対応していない。

 

しかしそれらスマートフォン決済以外の選択肢では、オートチャージをしようとすると、特定のクレジットカードが必要になり、その仕組みは煩雑である。

 

詳しい事はわからないが、クレジットカードの手数料が関係していて、提携カード以外は使わせたくないのだろうか。

 

ユーザーにとっては非常に不便と言うほかない。

 

こういった状況というのは現状に至る経済的なチカラというものの結果であると思う。例えば中国など諸外国では電子決済がお盛んらしいが、それはやはり紙幣の信用と無関係ではないだろう。つまり、手数料を払っても、現金を扱うリスクより安いというものだ。日本においては偽札の心配がほとんどない上に、現金崇拝の強いお国柄である。企業にとって手数料のかかるクレジットカードの導入のインセンティブが働かないのであろう。知らないけど。

 

この現金信仰は、なんだろうか。やはりなにか歴史的理屈があるだろうが今のところ調べてすらいない。みんな江戸っこなのだろうか。

 

現実的な支払いの運用を考えると、クレジットカード使用のメリットは、現金をはるかに上回る。

 

ポイントによる実質的な値引き、紛失悪用時の保険、海外旅行保険、至便な支払い、履歴が残る、携行の手軽さ、その他の特典や提携企業の割引等である。

現金はこれらが無い上に、紛失したら終わりである。

 

しかし人はいつも合理的なわけではないし、合理性がすべての基準であるべきでもない。

特に他人の信仰に関しては、なにも言うつもりはない。

 

ただ、日本における電子決済がさらに普及すると、自分が楽になる、というだけの願望である。

 

話は変わるが、

はるかな昔、バイトをはじめたの姉が、時給が10円あがったとかで、10円のありがたみについて力説していたが、私にとっては10円は10円である。時給であれば、時給の10円である。10円のありがたみとはなんであろうか。彼女の話からは何も知ることはできなかった。これもよくある信仰のひとつだろう。理解できなかったのは私の知力の無さもあるが、おそらく具体的な理由はない単なる嬉しい気持ちと、バイトを始め自分が大人になった錯覚からくる満足した気持ちであるからだと思う。時給を10円あげて、さらに身を粉にして働く高校生を雇えるとは、店長もさぞかし喜んだだろう。

 

金銭とは何か。日常生活が金銭によって運営される限り、これは重要な問いでる。例えばサラリーマンは時給によって給与が支払われるので、金銭=時間と言えるだろう。時間とは人にとっては人生であり、宇宙である。つまり金銭=人生と言うこともできるだろう(?)。

 

さらに脱線すると、最近買ったmacbookproには大変満足している。touchbar無しモデルのintel core i5 2.0GHzメモリ16GBのSSD512GB約20万円である。この値段は私にとっては鈍器のようなものであって、非常に躊躇したが自分をごまかして買った。このSSDの効果なのか、indesignが2秒で立ち上がる。すこぶる快適である。CPUのスペック的にははるかに上のiMac27inchを前に、なぜかこのmacbookproで仕事をしてしまうガキンチョ魂を発揮している。画面はもちろん小さいので不便であるのに!

 

しかし私が従事する紙のデザインの仕事ではまだまだAdobe CS3〜6は現役であり、必須である。Sierraでは無理矢理動かすことはできるが一部どうしても不安定になる。私の場合はindesignCS6が起動してすぐ落ちるという現象に悩まされた。いくつか試した結果、どこかの検索結果にあったJavaをインストールする、ということで一応は使えるようになった(セキュリティ的に推奨しないとの文言もあり、よくわからないので不安)。そして、フォントを選択しようとするとすぐ落ちてしまう(使えると言っていいのか)。なんとか改善できるとよいのだが。

 

なんの話だったか。

 

とにかく私は来週から、チャージレスの快適改札生活を送るのだ。

 

ほとんど外出の機会がないのが悔しいくらいだ

 

 

改札の向こうに待つ者・・・

改札の向こうに待つ者・・・